AHFDHGQAGASDFV


by hdfgre2

ロッテ、阪神や米大リーグのヤン

ポールスミスロッテ、阪神や米大リーグのヤンキースなどで日米通算106勝を挙げた伊良部秀輝さんの死亡が28日(日本時間29日)、米ロサンゼルス郡保安官事務所から正式に発表された。米ロサンゼルス近郊の自宅で自殺、42歳の若さだった。西武4番時代に「平成の名勝負」を演じた清原和博氏(43)は「悲しすぎる」とコメント。ヤンキースで後輩に当たる松井秀喜外野手(37)=アスレチックス=もショックをあらわにし、早すぎる死に、日米球界に悲しみと衝撃が走った。 宿命のライバルの自殺に、清原氏は悲痛な言葉を並べた。「伊良部とは(球速158キロを記録した)日本最速の勝負や、たくさんしのぎ合いをしてきました。だからすごくすごくつらいです」。関係者を通じてのコメントを、さらにこう続けた。「悲しいです。苦しいです。悲しすぎます」。ショックをあらわにした。 2人の対決は「平成の名勝負」としてファンを沸かせた。力と力のぶつかり合い。これでもかと剛球を投げ込むロッテの18番に、フルスイングする西武の背番号3。93年には、清原氏が語った158キロの真剣勝負を演じ、球史にドラマを刻んだ。語り継がれる名シーンに思いをはせながら、清原氏は悲しみにくれた。 ロサンゼルス発の訃報は全米をも駆けめぐった。アスレチックスの松井はピンストライプの先輩の自殺に「驚いていますし、ショックです」と声を詰まらせた。巨人時代、伊良部さんとは94~96年の球宴で対戦し、4打数1安打。94年の初対戦は二ゴロに打ち取られたが、95年は第2戦で右前に決勝打を放ち、セ・リーグ最年少MVPを獲得した。「とにかく球が速かった。対戦した印象としては、やっぱりストレートですね」と故人をしのんだ。 破天荒な人生だっお笑いコンビ「ロンドンブーツ1た。ポスティングシステム導入のきっかけとなったロッテ退団、米大リーグ挑戦。パドレス経由でヤンキース入りを果たしながら、栄光と挫折、トラブルの連続だった。メジャーでの月間MVP獲得2度は、日本人選手では野茂英雄と2人しかいない。98、99年には2年連続2ケタ勝利でワールドシリーズ優勝に貢献した反面、観客席のブーイングに対してツバを吐いた。ヤ軍の故スタインブレナー・オーナーから「太ったヒキガエル」と批判され、確執が話題になった。 メジャー6年間で通算34勝35敗16セーブ。才能を完全に発揮することはなかったが、今回の悲報には米メディアも関心を示した。ヤンキースの地元ニューヨーク各紙もスポーツ面のトップで報道。ヤ軍は「深い悲しみを禁じ得ない。ピンストライプのユニホームを着た選手は全員が永遠にヤンキースのファミリー。夫人と2人の遺児、彼のすべての友人に心から哀悼の意を表します」との声明文を発表した。伊良部さんが01、02年に所属したレンジャーズは、本拠レンジャーズ・ボールパークのツインズ戦の国歌斉唱の前に黙とうをささげた。良くも悪くも記憶に残る個性派の剛球右腕だった。 ◆伊良部 秀輝(いらぶ・ひでき) 1969年5月5日、兵庫県尼崎市生まれ。香川・尽誠学園高から1987年にドラフト1位でロッテ入り、94年には15勝を挙げて最多勝、95、96年に最優秀防御率のタイトルを獲得。96年に大リーグへの移籍を希望、移籍先などをめぐって日米の球界を巻き込んだ騒動となった末、97年にヤンキースに入団。引退後に拠点としたロサンゼルスでうどん店を経営するなどした後、09年に現役復帰して米国や日本の独立リーグでプレー。10年初めに再び引退を表明した。韓流ブームに対する批判的意見な
[PR]
by hdfgre2 | 2012-02-07 12:46