AHFDHGQAGASDFV


by hdfgre2

今週は、7月20日にリリースさ

MBT 靴 販売店 今週は、7月20日にリリースされたMac OS Xの最新版「Lion」や「MacBook Air」などが注目を集めた(関連記事:Apple、「Mac OS X Lion」にEPUB電子書籍作成スクリプトを標準搭載)。 また、7月22日には「第15回 国際 電子出版EXPO」で参考出品されていたパナソニックの電子書籍端末「UT-PB1」が3万4800円で発売されること、楽天の電子書籍ストア名が「Raboo」になり、8月10日にサービスインする予定であることが明らかにされた(関連記事:楽天の電子書籍ストアは「Raboo」、パナソニックの端末は3万4800円」)。ほかにも、東芝、Android 3.1搭載タブレット「AT300/24C」の販売を開始されるなど、国内メーカーによるタブレット端末の動きが加速してきた。●TSUTAYA GALAPAGOSは回復基調に TSUTAYA GALAPAGOSは、書籍が2万6533点(先週比+732点)、雑誌は363点(先週比+3点、Lite版などを省いた実数は230点)だった。書籍は「推理・ミステリー・サスペンス」や「ライトノベル」、「コミック」、「ノンフィクション」などで増加していたが、まだ先々週までの規模に回復していなかった。 トップ10のランキングは、「村上龍に訊く電子版『ラブ&ポップ』の読み方」が2位に後退し、「別冊G-COMPASS~YUIスペシャル~」が1位に返り咲いた。無料本が数多くランクインする傾向に変わりはないが、「鹿男あをによし」や「オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典 デート編」、「夏目友人帳」、「ゲノムハザード」といった有料本が新たに登場している。細かいところでは、ストアのオープン以来、常にランクインしていた「NHKで大反響を巻き起こした人しドラ」シリーズがついにトップ10圏外となったのが感慨深い。 なお、7月22日にはスマートフォンアプリ「GALAPAGOS App for Smartphone」が「Ver1.2.5」にバージョンアップし、ソフトバンクモバイルの「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH J」対応した。●Reader Storeは微増 ソニーのReader Storeは、書籍部門が前回の調査から177点増加した1万8704点だった。ジャンル別では「文学」や「語学」、「社会・経済・法律」などが伸びていた。なお、「AERA」と「週刊朝日」についての販売本数は、AERAが697(先週は692)、週刊朝日は703(先週は698)だった(これらは記事単位の販売なので蔵書点数には加えていない)。 コミックは前回の調査から+50点増加した5928点で、ジャンルでは「少年」と「青年」などが増えていた。 販売ランキングは、「総合」「書籍」「コミック」のウィークリーを掲載した。総合ランキングは1位に万城目学氏の「鹿男あをによし」が飛び込んできた。3位の「プリンセス・トヨトミ」とあわせて映画やドラマの原作本がやはり強い。コミックランキングで幅をきかせている「宇宙兄弟」シリーズが、総合ランキングにも3冊食い込んでいるのも印象的だ。 書籍ランキングは、1位から7位までが総合ランキングと変わりなく、初登場は9位の「砂冥宮」と10位の「殺意は必ず三度ある」のみとなっている。コミックランキングは、「宇宙兄弟」「社長 島耕作」「GIANT KILLING」の各シリーズのみで構成されており、中でも「宇宙兄弟」は6冊もランクインしているのが特徴だ。【田中宏昌,eBook USER】プロゴルファーの石川遼選手が、
[PR]
by hdfgre2 | 2012-02-06 12:23